FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新卒インタビューを行いました!

ソフィアメディ㈱では、今後の長期的な事業拡大に伴って、
将来の幹部候補生として数年前より新卒採用をしています。

今年、入社したのは、
人事・総務部の白木さんと雪谷分室事務の中島さんのお二人です。
二人とも平成生まれです。
信じられませんね^^

先日、新卒のお二人に
入社して半年が経ったところでインタビューを行いました!

インタビュアーは新卒2年目の宮本です。

看護師さんに対するイメージ、社長の印象など
なかなか面白い話が聞けました。



○説明会で話を聞いて、ソフィアに応募しようと思いました

新卒インタビュー①―本日はよろしくお願いいたします。
 最初に入社のきっかけをお伺いしようと思います。
 白木さんはどうしてソフィアに入ろうと思われたんですか?

白木(以下白):ちょうど私が就活をしているときに、祖母が認知症で母が介護をしていて。私も就活でいらいらしているし、母は介護で疲れているし、家の中の雰囲気が悪かったんです。そういう介護者の苦労を見ていたので、家族の負担が減るような仕事とかサポートできるような仕事をしようと漠然と思ってました。そういうときにソフィアの新卒向け説明会で看護師さんのお話を聞いて、応募しようと。
―今、お家はどうですか。落ち着きましたか
白:それが、ケアマネージャーさんがたまたま良い方だったみたいで、色々相談できるので、母もだいぶ楽になったみたいです。本当に相談できる相手がいるって大事ですね。
―中島さんはどうですか
中島(以下中):私は白木さんとは全然違ってて、最初は説明会が恵比寿で家から近いから参加しようかなって。話を聞いてみたら、サービスの提供地域が地元じゃないですか。そこにすごく親近感がわいて、自分の住んでいる地域に貢献したいと思いました。会社の規模が小さめでアットホームなところも、仕事の役割が後方支援であるところも、自分に合っているんじゃないかと感じました。
―確かに、地元ですよねぇ。知り合いに会ったりしませんか
中:この間通勤途中に、駅で高校時代の友達に会いました(笑)。


○社内は想像以上にアットホーム

―お二人とも色々な思いを持って入社されたわけですけど、入ってみてどうでした?イメージは変わりましたか?
白:そうですね、私は、入社前はアットホームなイメージを特に持っていなかったんですけど、入ってみたら想像以上に気さくで色々教えて下さるので驚きました。あと、後方支援なので事務職で一日内勤のイメージだったんですけど、デイサービスのお手伝いとか意外にお客様と関わる機会がありました。
中:アットホームなのは確かにそうですね。普通の会社らしくなくて、私のいる事業所では結構くつろいでます。お昼に目玉焼き作ったりとか。この間他のスタッフさんが作ってたゴーヤチャンプルーもらいました。
―それはすごいですね(笑)
 看護師さんのイメージはどうですか。変わりました?

中:変わったということはないですが、とにかく皆さん頼もしいですね。ドクターにも頼りにされていますし。
白:元々看護師さんはハードなお仕事をされているイメージだったので、そういう意味では特にイメージが変わったということはないです。現場に同行させていただいたことがあるのですが、皆さん、お客様のご家族にも頼りにされていて。その一方でマナーや接客もしっかりされていて、すごいと思いました。あと、看護師さんは悩んでいるよりもすぐ解決しようっていう人が多い気がします。
―あー…それは何か分かりますね。
 くよくよ悩むよりも、解決するにはどうすればいいのかまず動くっていうか、そんな感じですよね

中:あと看護師さんってやっぱり世話好きな方が多いと思います。何か探してたりするとすぐどうしたのって声を掛けて下さいますし。

―先ほど白木さんから同行の時のお話が出ていましたが、現場同行はどうでしたか
中:何かこう...知らない世界でした。それに訪問するお宅によっても全然違うので、皆さん臨機応変に対応されていました。
白:現場同行そのものの感想はさっき言った通りなんですが、それ以外だと、とにかく皆さん自転車をこぐのが早くて。ついていくのに必死でした。あと、かっこよかったです。
―かっこよかった??
白:曲がるときに曲がる方向に無言で手を出して下さるんですけど、それがかっこいいんです。
―…そうですか(笑)


○学生時代とは責任感が違います

新卒インタビュー②―研修を終えて配属されて、今2ヶ月くらい…ですか。
 仕事の方はどうですか

中:ようやくやり方が分かってきたところです。注意しなければいけないことも段々分かってきました。やっぱりレセプトができあがったときなんかは達成感がありますね。
白:私はまだ人事・総務に配属されて間がないので…。新規事業のお手伝いをさせていただいたんですが、すごく勉強になりました。一つの事だけでなく色々やらせていただいたので学べる機会がたくさんあって良かったと思います。人事・総務の方も少しずつできることが増えています。
―研修を含めると既に半年経ってますしね。
 やっぱり社会人になって学生時代とは違うなって感じることはありますか

白:起きられるようになりました(笑)。時間になったから無理矢理起きるんじゃなくて、起きる時間になったら、ぱっと。責任感が出てきたってことなんでしょうか。私は人見知りするので今まで自分と同じ位の年齢層の人としか関わりがなかったんですけど、会社に入って年齢層の違う人とも話せるようになりました。社内の人もそうですけど、ご高齢のお客様に自分から話しかけることができるなんて会社に入る前は想像もしていませんでした。あと、学生時代は、提出物を出すのはいつもギリギリだったんですけど、そういうものを先延ばしにしなくなりましたね。
中:自分のミスがダイレクトに会社の不利益につながるという点で、私も責任感が全然違うと思います。学生時代にもボランティアとか色々やっていましたが、どんなに一生懸命やっていてもやっぱり仕事とは違うんですよね。学生の頃やっていたことって、学生だから許せる雰囲気がありました。アルバイトもしていましたが、働く時間が決まっていたので…今は時間の使い方は自分の裁量一つだなぁと実感しています。私も白木さんと同じように、言われたことはすぐやるようになりました。

―突然話がかなり変わりますけど、社長の印象ってどうですか
中:えーっと…かしこまらない感じ?...です。私のいる田園調布の事業所にも来て下さるんですが、気さくに話しかけて下さって。スタッフのことを常に気にかけて下さっていて、心配りを感じます。
白:私にも気軽に話しかけて下さいます。今も緊張はするんですが、最初みたいにがちがちにならないようになりました。ただ一方で、この間新規事業の打ち合わせに参加した時に、経営者としてのシビアな面を初めて見て驚きました。やっぱり経営者として会社を大きくしていくためには理想だけではダメだということが分かったというか。
―普段は穏やかでいらして、社長のそういう面はあんまり見る機会がありませんしね。
 現場のスタッフさんも含めて、職場の方々はどうですか。30代の方が多いですが?

白:それぐらいの年齢の方ってとっつきにくいイメージだったんですが、想像以上に壁がありませんでした。すごく相談しやすい雰囲気ですね。何か私たちよりも元気な感じがします。
中:私も年齢が離れている感じはあまりしません。でも仕事の上ではやっぱり頼りになります。
―確かに職場の中で20代、30代みたいな壁はないですよね。
 本部の先輩たちはどうですか。白木さんは、直接的な先輩である私を前にして言いにくいでしょうけど(笑)

白:そうですね(笑)。でも皆さん、人柄がすごく良いので、何でも聞きやすいです。
中:私は事務さんの中に去年新卒で入った先輩がいて、その方に困った時は聞けるので、助かります。


○今後、仕事の中でやっていきたいこと

―最後に、ちょっと難しい質問かもしれませんが、今後仕事の中でやっていきたいことをお伺いします。
 それでは、中島さんからお願いします

中:訪看で分室を立ち上げるということが、ソフィアでは初めての経験なので、分室の事務として、また今後新たに立ち上げるときに手助けできればいいなと思います。あと、私は現場で働いていますが、本部の人間でもあるので、両方の事情や考えが理解できます。その点で、現場と本部の橋渡し役になれればと思っています。
―そうなっていただけると、本部としても非常に助かります。
 白木さんは何かありますか。まだ仕事が固まっていないので難しいとは思うのですが

白:確かにそうですね。でも、人事・総務としては、もっと普段から周りを見て動けるようになりたいです。今は何か仕事を頼まれるとどうしてもそれだけに集中してしまうので、任された以上にこうしたらもっといいんじゃないかとか、そういうことができるようになれればいいなと...余裕というか。これからやっていきたいこととしては、新しいサービスとか携わっていけると嬉しいなと思います。ただ、定期巡回等の新規事業に少し関わったときに、今の自分じゃ絶対できないなと実感したので、もっと勉強しなきゃダメですね。これはできるかどうか分からないんですけど、この会社に入った根本的な理由から言うと、いずれ家族の負担を軽減するようなサービスや事業に携われたらと思います。社長も将来的にはそういうことを考えていると、説明会のときにおっしゃっていたので、最終面接でも企画がやりたいです、って言いました。
―なるほど。周りを見て動くっていうのは、私もできていないので、お互い頑張りましょう。
 お二人とも想像以上にこれからのビジョンに対して考えがしっかりしていて驚きました。
 私の方が断然負けてる気がします。。。
 なかなかこういう風に新卒の方の話をじっくり聞くことがないので、今日はいい機会になったと思います。
 本日はお忙しい中お時間をいただきまして、どうもありがとうございました

白・中:ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソフィアメディ便り

Author:ソフィアメディ便り
ソフィアメディ㈱の人事・総務担当が旬な情報をお届けします♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。